fc2ブログ
やすだ日記
やすだホームの家づくりの様子や日々の生活の様子をやす大工と営業ぶちょ~(大工嫁)が綴っていきます。
【菊池のリフォーム】  桧材 床張り工事
こんにちは!
やす大工です。

【菊池のリフォーム】は順調に進んでおります。
先日は、断熱材の敷き込み工事までお伝えしておりましたので今日はその続きから…

まずは、荒床となる針葉樹合板を張っていきます。
今回の床下地の仕様は次の通りです。

根太厚み30㎜を設置し、その根太の間に断熱材30㎜と充填。
その後針葉樹合板12㎜をはり、仕上げは桧15㎜を張って仕上げます。
断熱材2


荒床張状況
床張り


そして桧材を張ります。
通常、弊社は小国杉を張る現場がほとんどですが、今回のお宅は、自宅介護で車椅子を使用するため杉材より固めの桧材を使用しております。
床張り2


今回の桧の床材は、岐阜の製材所さんから直接仕入れております。
この材料は1等材ですが、節も少なくとても綺麗です!
1等材でこれだけの材料はなかなか目にする事はありません。
一般的な桧の1等材は、目がチカチカするくらいに節が多いのが通常です。
床張り3

こんな感じでやす大工と見習大工(営業部長)は、“ダクダク”汗をかきながら仕事に励んでおります。


次は、台所の床張りとキッチン据替となります。
キッチン


HPの工事リポートはこちら→工事リポート


◆❖◇熊本の新築・リフォーム・リノベーションの大工工務店やすだホーム◇❖◆
ホームページ https://yasuda-home.com/
スポンサーサイト




コメント
公金チューチュービジネス
 NPO法人理事が、無免許で生活保護受給者に住宅を仲介していた事件で、同法人の斡旋で大阪市内の賃貸住宅に入居した受給者の一人が、家賃などの名目で、同法人に月約8万円を支払うよう要求されていたことがわかった。浪速署は同法人が保護費の一部をピンハネしていた疑いがあるとみている。同署は19日、同法人「ヒューマンサポート大阪」理事・橋本孝司(63)、元「ピタットハウス天満店」経営の不動産会社社長・山手賢二(39)両容疑者を宅建業法違反容疑で送検した。
 市関係者によると、受給者は昨年4月、同法人関係者に伴われて区役所を訪れ、保護を申請。家賃4万2000円を含む月約12万円の支給が認められた。入居時の契約では、家賃は家主の口座に振り込むことになっており、受給者が同法人の関係者に口座番号を尋ねたところ、「家賃は我々に渡して」と言われ、同5月、約8万円を請求された。
 受給者が「生活できない」と支払いを拒むと、同法人関係者らが受給者方を訪れ、ドアをたたきながら「支払わなければ、保護を打ち切るよう市に言うぞ」などと詰め寄った。深夜2時や3時にやって来ることもあり、受給者は同6月、区役所に相談した。
[2024/01/26 12:27] URL | 無免許ピタットハウス経営者、横領で逮捕 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://yasudanikki.blog.fc2.com/tb.php/739-320bbd95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

やすだ日記

Author:やすだ日記
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR