FC2ブログ
やすだ日記
やすだホームの家づくりの様子や日々の生活の様子をやす大工と営業ぶちょ~(大工嫁)が綴っていきます。
“僕のいえ”             こだわり
“僕のいえ”は板胴縁を施工し、巾木を取り付けております。
巾木とは床と壁の境に取り付けるもので、目的は壁のよごれ防止や
掃除機や足などで壁を傷付けないようにするための物です。

これが巾木です。
もちろん最初は四角のものですので、切ったり・鉋掛けたり・溝を掘ったりしてこの様に加工します。
巾木1

普通巾木は壁を張ってから取り付けますが、やすだホームは張る前に取り付けます。
もちろんこちらの方が手間と時間が掛ります。
しかし、溝からビスで留めるので床と巾木がピッタリとくっ付き隙間ができません。
且つ、溝の中にプラスターボードを入れ込むので、後々壁と巾木の部分に歪が出にくくなります。
そういった事から先付け巾木にこだわっております。



それから取付です。
巾木3

取付完了
巾木4

・・・あんまり、・・・いや、全然わからないのでズームに
巾木2

小さいこだわりですが、小さい事を積みか重ねていく事でそれは大きなこだわりになっていきます。
やす大工は頑張ります。




リフォームの事なら“木楽里”にお任せください
“僕のいえ”                   木工事
“僕のいえ”も随分進んでおります。 

只今、造作工事を終え板胴縁を施工しております。
板胴縁とは壁に張るプラスターボードの下地となるもので、厚さ12㎜巾6㎝の乾燥した板を
約30㎝間隔に取り付けていきます。

板胴縁


板胴縁2

最近の住宅建築の傾向としましては、ボードを柱に直張する施工方法が多くなりました。
これは構造材に集成材やKD材(人工乾燥)使うので、反り・曲がりないというのが前提になっております。

しかし、私は現場に携わっているのでよくわかりますが、集成材もKD材も反ったり曲がったりしております。

なぜか?

・・・木ですから。

やすだホームではお引き渡し後、壁などに歪が出ないように板胴縁を施工しております。
木のお家を造るには、木のメリット・デメリットを知っておかなければいけません。



リフォームの事なら“木楽里”にお任せください!!



プロフィール

やすだ日記

Author:やすだ日記
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR